スマートフォン版はこちら
土・日・夜間の診療も行っています。複数の女性常勤ドクターらによる丁寧な治療。 急患・飛び込み患者様・ご予約なしの方も診療時間中はご対応致します。
当院では、保険診療での診察も行っています ピル¥2,000~(診察料無料!)

ピル外来

ピル外来

*
栄院・mozo院とも女性医師対応可能です

ピルは正しく服用すると、ほぼ100%の高い避妊効果が得られます。
避妊効果が下がる原因は、 飲み忘れ、ひどい下痢などの病気、他の薬との組合わせ、ハーブなどのお茶の大量摂取、があります。

 

他の避妊法との違い

ピル(OC)は、「太る」「副作用が怖い」などの先入観からまだまだ敬遠されがちですが、欧米では「女性の意思で妊娠をコントロールできる避妊法」として広く認知されており、正しく服用すれば、ほぼ100%避妊できます。
現在日本で使用できる方法の中でもっとも信頼のできる避妊法です。

3つの効果で避妊

1.排卵のストップ

OCを服用すると、卵巣ホルモン(エストロゲン、プロゲストーゲン)が血液中を循環します。
血液中に十分な濃度の卵巣ホルモンが満たされていると脳がごまかされます。(偽妊娠状態)
脳が、「卵巣を刺激しホルモン分泌を促す必要がない」と判断して、卵巣からの排卵が抑制されます。

2.精子の子宮内進入の抑止

「プロゲストーゲン」の働きで、子宮頸管粘液の性状が変化して(粘性を高める)、精子を子宮内に入りにくくします。

3.受精卵着床の抑止

OC服用で子宮内膜が薄くなり、たとえ排卵が起きた場合でも、受精卵が着床しにくい状態になり、妊娠を防ぎます。

*

ピルの嬉しい副効用

*

ピルは、確実な避妊効果のほかに、さまざまな副効用があります。

 
生理に関連した副効用
 
ホルモンバランスの改善による副効用
 
排卵を抑えることによる副効用
 
長期服用による副効用
 

ピルにはさまざまな副効用がありますが、どれを見てもいいことばかりだと思います。
ただし、このようなメリットが得られるのは、あくまで正しく服用した場合です。
適当に服用した場合は、効果を得られないだけではなく、副作用も現れてしまいます。
ピルと上手に付き合っていくためにも、きちんと決まりを守って服用しましょう。

気になる副作用

*

ピルの副作用として、妊娠初期に似た症状が現れる場合があります。
よく、ピル=副作用というイメージが付きまといますが、それはピルに限ったことではありません。
例えば、ドラッグストアなどで販売されている風邪薬を思い浮かべてみてください。その風邪薬には説明書がついており、必ず副作用について記載されています。そして、その症状が現れたら服用を中止し、医師に相談するように書かれています。目薬や便秘薬なんかも、もちろん同じです。ピルもそれらの薬と同じだと考えて下さい。
決して危険なお薬ではないのです。もしもピルがそこまで危険なものならば、ここまで世界中に普及しません。

 

当クリニックのピル

当クリニックでは、ホルモン量の少なく副作用の少ない低用量ピルで、ほとんどの女性が服用することのできる安全な薬です。 正しく服用すると、ほぼ確実に避妊することができます。

豊富なラインナップの低用量ピルをお取り扱いいたしております。

マーベロン21・28  ファボワール21・28  トリキュラー21・28
アンジュ21・28  ラベルフィーユ21・28  オーソM21  シンフェーズ28
ルナベルLD* ルナベルULD* ヤーズ など。

ピルの種類

ピルは1周期中のホルモン量の変化により、1相性ピル、3相性ピルに分かれます。

【1相性ピル】

1相性ピルは、21錠の成分すべてが同じものです。日本で認可されている低用量ピルの中では、 マーベロン と オーソM が1相性ピルにあたります。中高用量ピルはすべて1相性です。
また、近年海外で発売されている超低用量ピルも1相性です。1相性ピルは生理日の調整に便利なことから、ベテランユーザーの間で人気が高いようです。
※当院では「マーベロン」、「オーソM」とお値打ちなジェネリック薬品「ファボワール」を処方しております。

【3相性ピル】

3相性ピルは、本来の自然のホルモンバランスにより近くなるように、ホルモン成分が3段階に変化します。変化のさせ方は製品によって多少異なります。 日本で認可されている低用量ピルの中では、オーソ777 ・ トライディオール・トリキュラー・リビアン・アンジュ・ノリニール・シンフェーズなどが3相性にあたります。
※当院では、「トリキュラー」、「アンジェ」、「シンフェース」を処方しております。

ピルの服用方法

販売されている低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプがあります。
21錠タイプ・28錠タイプどちらも、実薬が21錠であることに変わりはありません。

28錠タイプでは、飲み忘れを防ぐためと毎日服用する習慣をつけるために、7錠の偽薬がついています。
偽薬服用中が休薬期間になります。なお、28錠タイプの7錠の偽薬は飲み忘れても、効果に影響はありません。

ピルの飲み忘れに気づいたら

飲み忘れから、24時間未満 (1回分飲み忘れた場合)

気がついた時点で1錠飲みます。次はいつも飲む時間に飲みます。

まるまる24時間 (昨日の分を飲み忘れた場合)

今日と昨日分を合わせて2錠飲みます。次はいつも飲む時間に飲みます。

24時間以上 (2回分飲み忘れた場合)

そのシートの服用は中止して、次の生理がはじまったら新しいシートで再開してください。
その日に出血があったら、その日から新しいシートで再開してください。
※避妊効果がない可能性があるので7日間はコンドームなど他の避妊法を併用してください。

偽薬(プラセボ錠)を飲み忘れた場合

飲み忘れても、特に問題ありません。
※間違わないように飲み忘れた分は、飲んだつもりで破棄しておきましょう。

その他の注意点

ピル処方の流れ

初めての方・当院ではじめてピルを処方される方

1.事前に診察のご予約をお取り下さい。
2.診察 特に問題のない方は内診台にあがる必要はございません。
3.血圧測定・採血を行います。
4.ピルの服用方法のご説明
初診料:2,000円→今なら無料キャンペーン中!   低用量ピル1シート:2,000~3,500円

当院で2回目以降の処方を受けられる方へ

受付に直接ご来院頂き診察券をお出し下さい。(予約の必要はございません)
ご用意できましたら、お呼びいたします。
低用量ピル1シート:2,000~3,500円  診察料などは一切かかりません。

栄院お問い合わせ:TEL.052-261-1200 mozo院お問い合わせ:TEL.052-506-0222

選べる緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)外来

*
栄院・mozo院とも女性医師対応可能です

性行為120時間以内(5日間)でも対応!
緊急避妊薬はご予約がいっぱいでも、診察が可能となりますので、お電話でご予約下さい。

こんな時に・・・

「コンドームを付け忘れた!」 「コンドームが破れた!」 などの時に望まない避妊を避ける為に、役立つのが緊急避妊法(アフターピル)です。

 
 
SEX後でも効果があるの?

妊娠というのは、
①排卵 → ②受精 → ③受精卵の着床
という3段階で成立します。
緊急避妊(アフターピル)は、排卵と受精卵の着床の両方を抑制する薬なので、受精後でも効果があります。
※決して中絶薬ではありませんので、すでに妊娠している方には使用できません。
※ アフターピルを希望する場合には、性行為後すぐに受診しましょう!

NEW 120時間アフターピルなら性行後120時間対応

おすすめ!安心120時間アフターピル

120時間以内の緊急避妊ピルは、
①72時間以内におけるピル使用と同様、100パーセント完全に避妊を保証するものでないこと
②72時間以内の内服には及ばないが高確率で避妊することができること
③早めに内服した方がより避妊効果が高いこと
について患者様のコンセンサスを得て処方をいたしております。

「緊急避妊ピル」は 72時間以内の服用 が「添付文書」に記されていますが、120時間(5日)以内でも予想される妊娠率を低下させるという報告があります。120時間(5日)以内でも予想される妊娠率を低下させるという報告があります。しかし、120時間を超える服用に関するデータはありません。

新しい緊急避妊薬(アフターピル)です
*

従来のアフターピルと比べ、副作用(吐き気)がほとんどなく、より避妊効果の高いお薬です。
1回の服用で十分な避妊効果を得られ、120時間以内(5日)まで服用できます。

 
服用方法

1回のみ・セックス後、120時間以内・2錠内服
※セックス後120時間まで可能ですが、出来る限り早期にご相談ください。

費用

NEW120時間アフターピル : 自費診療 診察代込み 15,000円

緊急避妊法(EC)はどのように行うのでしょうか?

■ヤッペ(Yazpe)法(2回法)・・・
性交後72時間以内に中用量ピルであるプラノバール、ソフィアA、ルテジオンなどを処方。2錠服用し、12時間後にさらに服用。1日に計4錠服用。

■ノルレボ(1回法)・・・
緊急避妊薬(ノルレボ)は2011年の5月より発売開始。性行為後72時間以内の服用で、20~30%程度妊娠の確立が減少。吐気などの副作用が軽いことが特徴。

◇ ノルレボ(1回法)のメリットとは?

・緊急避妊剤として明記されており、副作用の発現が少ない。
・一回2錠(黄体ホルモンのみ)内服するため、嘔気の副作用が少ない。
※当院での処方でもプラノバールよりノルレボのほうがに吐き気が少ない方が多いです。

ノルレボは避妊率も良好なため、お勧めではありますが、薬価(=薬の仕入れ値)が高いというデメリットもあります。したがいまして、当院では患者様のご希望により、ノルレボ、プラノバール、そしてNEW120時間アフターピルの中からご希望のお薬をお選びいただくことにしております。

【アフターピル(1回法)服用方法】

1回のみ・セックス後、72時間以内・2錠内服

【 費用 】

アフターピル(1回法) : 自費診療 診察代込み 14,000円

【アフターピル(2回法)服用方法】

1回目・セックス後、72時間以内・2錠内服
2回目・1回目から、12時間後・2錠内服

【 費用 】

アフターピル(2回法) : 自費診療 診察代込み 8,000円

栄院お問い合わせ:TEL.052-261-1200 mozo院お問い合わせ:TEL.052-506-0222

 
このページの先頭へ